2009年07月04日

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術



内容(「BOOK」データベースより)
25000社以上のコンサルティング経験に基づく長年のノウハウを初公開した本書は、発売以来、米国の起業家たちから熱狂的に支持されている。世界20か国で翻訳され、100万部を超える隠れたベストセラーである。米・ビジネス誌「Inc.」が行った成長企業500社のCEOへのアンケートでは、ビジネス書No.1に選ばれた。アメリカの起業家たちに最も影響を与え続けているバイブル的な一冊。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *


「起業家」「マネジャー」「職人」という三つの要素。
スモールビジネスを成功させるためには、イノベーション、数値化、マニュアル化という3つのプロセスを繰り返す必要性。

自由になるために始めた事業がいつしかその事業の奴隷になってしまう。

一人でなんでもやろうとする癖がある人、職人肌や専門職で起業しようとしている人は特に読んでおくべきだろう。

・どうすれば他の人に任せても事業が成長するだろうか?
・どうすれば自分が現場にいなくても従業員は働いてくれるだろうか?
・どうすれば事業をシステム化できるだろうか?システム化された事業では五千箇所に店を出すにしても、一箇所目と同じことを繰り返すだけでスムーズに出展できるはずである。
・どうすれば自分の時間を確保しながら事業を経営できるだろうか?
・どうすればやらなければならない仕事に追われることなくやりたい仕事に時間をあてることができるだろうか?


K's ランク:8点
(スモールビジネスの経営者、これから起業しようとしている人、管理職の人は必読。)

posted by けい at 17:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 営業・ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

FX取引を難しくしてしまう要因について
Excerpt: 1ドル=360円で固定相場制だった時代には、企業の経営者も数年先を予想して事業を推し進めることができましたが、変動相場制に移行してからというもの、予測するのが難しくなりました。
Weblog: 外貨投資で勝ち抜けたい
Tracked: 2009-07-04 18:01