2015年12月05日

RFP&提案書完全マニュアル



* * * * * * * * * * * * * * * *


前半はRFPについての解説、後半はRFPを受け取り提案書を提出する側(ベンダ−)の解説と2部構成
基本と要点が簡潔にまとまっている。

K's ランク:6点
(要点が分かり易く良くまとまっていてGood)
posted by けい at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

ネットマーケティング最前線 ウェブ電話のすべて



* * * * * * * * * * * * * * * * * * *


ただのバイブル商法本でした。
(この会社とその製品の宣伝本)

この会社の宣伝商材用に配る本でお金を出して買うという本ではないかと。

K'sランク:2点
(読者ターゲットはこの会社の関係者もしくはこの製品に関心のある人のみ)
posted by けい at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

図解でわかるVoIPのすべて―IP電話の技術から構築まで



内容(「BOOK」データベースより)
公衆電話の仕組みからIP電話の技術面まで網羅。LANとWANなどネットワークの知識も身につく。VoIPの技術体系をスバリ解説。この一冊で、総合的なIP電話の理解が深まる。

* * * * * * * * * * * * * * * *



仕事のための勉強として読んだ本。
参考書的にこの分野の情報を知る、全体像から細かい部分まで重要なところを押えるのに最適。



K'sランク:6点
(個人的にかなり勉強になりました。)
posted by けい at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

最新図解 NGN(次世代ネットワーク)のすべて (しくみとポイントがスグわかる)



内容紹介
最近、NGN(Next Generation Network)というキーワードが目に付きます。NGNとは固定・移動体通信を統合した未来のインフラです。そして2008年3月末、NTTは商用サービスを開始しました。また、ドイツ、イギリス、韓国などもNGNを推進しており、国際的な流れにもなっています。ただ、NGNは範囲が広く、具体的にどういうものなのかが、いまひとつつかみきれません。そこで、入り口となる本が本書です。概要だけでなく、仕組みも図解で詳しく解説しました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


仕事の情報として。



K's ランク:4点
(概要。特筆すべき点はなし。)
posted by けい at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

そこが知りたい最新技術 SIP入門



出版社/著者からの内容紹介
IPネットワーク上でリアルタイム通信を行う必須プロトコル!
=NGN時代のSIPは、これまでのSIPと何が違うか?=

本書は、シリーズ第二弾として、NGNの中核技術の1つであ「SIP」(セッション開始プロトコル)技術をわかりやすく解説しています。「SIPとは?」「NGN時代のSIPは、これまでと何が違うの?」などについて、その歴史的からNGNにおけるSIPの位置づけ、またNGN+SIPの応用例などについて解説しています。
最新のSIPに関連するRFC(Request for Comments)の一覧も、「付録」として掲載しています。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


仕事がらみの知識習得としてざっと読んだ本。


K's ランク:4点
(ざっと全体像や流れを知るために。)
posted by けい at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電話技術完全ガイド―NGN時代のIPシステム構築テクニック



出版社/著者からの内容紹介
「電話からIPへの転換」が進んでいます。しかし、IPシステムの構築には、「レガシー」と呼ばれる電話技術の習得が絶対に必要です。PBXをコアにした企業ネットワーク構築の第一人者、藤島信一郎氏が安易なIP化に警鐘を鳴らし、電話技術の集大成を成し遂げました。NGN時代の最初の実践的な必読図書です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


仕事がらみの知識習得としてざっと読んだ本。


K's ランク:4点
(ガイド本なんで全体像や流れを知るために。)
posted by けい at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

コールセンターのすべて―導入から運用まで



内容(「MARC」データベースより)
コールセンターのプランニング、システムの設計、より良いコールセンターのために、ブロードバンド時代の顧客コンタクトなど、コールセンターを体系的に解説する。全面的に書き改めた新版。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


仕事に関連して市場やデータ調査のために読んだ本。
しっかり体系的にまとまっておりいい本だった。


K's ランク:5点
(まあ、関係ない人には読んでも意味がないだろうけど。)
posted by けい at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

はじめての上流工程をやり抜くための本



内容(「BOOK」データベースより)
システム化企画や要件定義、基本設計といったいわゆる上流工程は、実装のスキルが高いだけでは務まりません。エンジニアリング的に正しい結論を導き出すことはもちろん、その結論に至るように「議論をリードし」「関係者の合意を得て」「周囲の人間を巻き込んでプロジェクトをドライブする」スキルなどが求められます。加えて、業務とIT(コンピュータ)を含むシステム全体を見通せる視点の高さも必要です。求められるスキルの多い上流工程を「はじめてやり抜く」には、いったいどのような心構えで望めばよいのか、どのような準備が必要なのか、どのようなスキルアップの方法があるのか―その答えが、本書にあります。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


単にシステム開発の話ではなく、予算の獲得の仕方や投資対効果を顧客にどう説明するかなど、「議論をリードし」「関係者の合意を得て」「周囲の人間を巻き込んでプロジェクトをドライブする」スキルが書かれており内容は非常に濃い。

これはもはや業務最適化コンサルタントといった内容で、あらゆる業務・プロジェクトをマネージメントする際のスキルブックとしても参考になる。


K's ランク:8点
(SEでなくても業務マネージメントという観点からも、手元に置いて常に羅針盤としていきたい。)
posted by けい at 13:56| Comment(0) | TrackBack(1) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

業務システムのための上流工程入門―要件定義から分析・設計まで



内容紹介
○IT業界での生き残りの道=上流SE

システム開発の仕事は大きく上流工程と下流工程に分かれるが、下流の詳細設計を担当するSEや日々プログラミングとバグ取りに明け暮れるプログラマには、「35歳定年説」といわれる年齢的な限界が立ちはだかっている。続々と登場するプログラミング言語などの新技術への対応やコスト面で、若手に対して不利な立場におかれるからだ。

一方、業務システムの改善要求をどのような設計で実現すればよいかといった基本設計の部分を担当する上流SEは、新技術への対応はさほど求められない。また、企業の業務や会計の知識が必要とされる上流SEは熟練者の数が少なく、システムインテグレータ各社も人材確保に躍起になっている。やりがいもチャンスも大きいのが上流工程の仕事だ。

○上流工程の現場で求められる実践的知識を満載

本書は、長く上流工程を経験してきた著者が、要件定義や分析・設計といった上流工程の仕事を現場の流れに沿ってわかりやすく解説するとともに、実体験から培われた業務知識やモデリングの技法、基本的な設計パターンを披露し、上流SEを目指すプログラマからすでに上流工程で仕事をしているSEにも役立つ実践的な知識をまとめている。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



具体的な業務フロー、データモデル等の書き方が非常に参考になる。

K's ランク:7点
(基礎として、入門書として良書。)
posted by けい at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

「とにかく早く」って言われてもねぇ―大規模ソフトウェア開発保守の現場



日経BP企画
「とにかく早く」って言われてもねぇ 大規模ソフトウェア開発保守の現場。
大規模なソフトウエア開発において,どのような問題が発生しやすいか,その効率の良い解決策の発見にはどうすれば良いかを著者の経験を基に紹介する。教科書的に解決策を提示するのではなく,納期短縮や品質向上といった目標に向けて,現状をどのように分析して問題を洗い出すのか,その考え方を主に紹介している。実際の開発プロジェクトで開発メンバーにプロジェクトの問題点や改善案を聞いたアンケートの結果も掲載している。一種のフィールドワーク・レポートとして読むべき書籍である。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


これはいったい、どういう本なんでしょうか??
読み物でもないし、ドキュメンタリーでもないし。。。


K's ランク:5点
(とはいえ、開発現場の実際と問題点などが生々しく伝わってきて結構学べましたね。)
posted by けい at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック



出版社/著者からの内容紹介
“ロングテール”のキーワードで顧客をカクトクせよ!
PPC広告の代名詞グーグルアドワーズ、そして2006年にサービスが再開されたグーグルアナリティクスを利用した効果的なネット広告活用方法を、サンプル事例を元にやさしく解説します。

ネット広告の費用対効果を最大限に活かす【GoogleAdwordsによる広告および管理手法】【GoogleAnalyticsを利用した広告効果分析手法】を詳しく賢く学べる、お得な1冊です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



GoogleアドワーズとGoogleアナリティクスをこれから始めよう、もしくは始めたばかりでよく分からんという人向けの本。

簡単に使い方や注意すべきポイントが解説されています。


K's ランク:4点 
(別に裏技やこの本でしか書かれていないような内容はないので、あくまで入門のマニュアルとしてどうぞ。)
posted by けい at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

とっておきの秘技 もっと人とお金が集まるブログの秘伝書



目次

第1章 「企画力」がブログの人気を左右する!
第2章 読ませる「見せ方」の極意
第3章 集客の効率と精度をUPする極意
第4章 売上をUPする極意
第5章 ブログとメールマガジンの連携の極意
第6章 誰にも教えたくない禁断の極意


* * * * * * * * * * * * * * * *


ブログにまつわるいろいろな集客方法を分かりやすくまとめた本。
広く浅くそれぞれのコツを紹介している。

まあ、それぞれの項目で概論というかコツというか、ポイントを紹介しているだけなので、実際にどうやるかはしっかり調べて経験を積む必要はあるけど、指針やガイドとしては適している。

「第6章 誰にも教えたくない禁断の極意」は、禁断のというほどじゃないけど参考なった。


K'sランク:5点
(簡単に書いてあるので、これから始めようという人より、一通り試したり勉強して分かっている人が、さらに他に方法はないかと参考にするのに向いているかと)
posted by けい at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

ケータイアフィリエイト高収入マニュアル



携帯アフィリエイトサイトオーナー10人が、 実際どのように稼いでいるのかを中心にインタビューしたノウハウ集。


私も去年の夏から本格的にブログサイトをいくつか運営し始めて、年末にそろそろ半年経つし次のことをと考えてMovableTypeや携帯サイト、そしてSEO、アフィリエイトなどのネット関連の勉強を開始。

とりあえずMovableTypeやSEOについては大体のところマスターした(実践はこれからまだまだ必要)んだけど、携帯サイトの方はぜんぜん進めることができず。

どうも携帯サイトは作るのが簡単な分、できることが限られてるんで“作る楽しみ”が見いだせなくてやる気がでなかったんす。

携帯サイトって、“いかに作るか”より“いかに人を集めるか”が勝負なとこがあるじゃないですか。それが性分に合わなくて(^^;
(最近の情報商材ビジネスとかと同じような気がするんですよね。情報の中身なんかよりいかに買いたい気にさせる宣伝が書けるかに血眼になってる感じで。)

まあ、でも携帯サイトに関しては今を逃すと後で後悔することになるような気がするんで、気が乗らないとか言ってられない。という訳で、自分の尻を叩くためにこの本を読むことに。

ちょっとやる気が出た。
とりあえず何でもいいからサイトを作ってみないと。ゴールデンウィーク中までにはなんとか。。。


K'sランク:5点
(携帯アフィリエイトの現状や潮流が分かります。)
posted by けい at 14:48| Comment(0) | TrackBack(2) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

ウェブログのアイデア!―プロのライター&編集者が教える、ネタの集め方・読ませ方・見せ方のテクニック



私はこの「K(けい)の本棚」以外に、
『子育て父さんの天才遊びマップ 〜趣味は育児〜』

『ひょうたんブログ ひょうたんの育成栽培・加工(ランプ作成)』
という2つのブログを運営中。

『子育て父さん』の方は、アウトドア/インドアでの子どもとのお薦め遊びを紹介するブログ。化石の発掘や虫の採り方に関することが好評です。

『ひょうたんブログ』の方は、ベランダでひょうたんを育てて、それを加工してランプやらいろいろ作ろうというもの。プロのインテリアデザイナーさんからランプ製作の依頼を受けたこともあります。



どちらもおもいっきり個人的趣味系のブログで、もうすぐ書き始めて1年に。
とはいえ、そこから何にもつながっていっていない状況なんで、ここらでひとつ、この先の方向性を考えてみるかということで読んでみた本。

ブログ活用に関するアイデアや展開の例など、ブログの可能性とヒントをすごく真っ当に紹介。ちょっと刺激を受けました(^^)


K'sランク:5点
(しっかりした内容の本です。)
posted by けい at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

mixiでこんなことまでできた!



mixiには、もう1年くらい前に招待されて何回か覗いて見たものの、イマイチその面白さが分からずとんと利用してなかったっす。んで、「でもなぁ、まだ結構人気があるみたいだし、オイラの知らない理由が何かあるんかいなぁ」と再考するために読んでみた本。

まあ、mixi自体は良いとして、この本はつまらん。
文章も内容もフリーペーパーみたい(;´Д`)まあ、著者は「mixiの達人クラブ」って、素人に毛の生えたライターさんなのか。。。


K'sランク:3点
(とりあえずmixiでできることとかその全体像は分かったんだけど、その魅力についてはとんと分からず。。。人を招待したりされたりってのが嫌な人間には向いてないのかなと。)
posted by けい at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

携帯サイトで給料の3倍稼ぐ方法



目次

第1章 携帯サイト成功物語
第2章 携帯サイト運営でザクザク儲けよう
第3章 携帯サイトで儲ける方法
第4章 儲かる携帯サイトはこうやってつくろう!
第5章 メールマガジンを配信しよう
第6章 携帯サイトのアクセスアップ
第7章 携帯サイト運営で知っておきたいこと


-------------------------------------------


携帯サイト関連ビジネスのこと全般がまとまっている本。
一通り載っているので、これから始めるもしくは始めたばかりという人には基本として押さえておくべきお薦め本。

なんでも、情報商材として1万数千円で売っているないようと同じ内容だそうです(笑)
実際、内容だけを見てもヘタな情報商材よりずっと有益だと思います。(価格に見合うほど役に立つ情報商材が本当にこの世に存在しているのかは知りませんが)


K'sランク:6点
(裏技ではなく基本です。でも現状のほぼ全てのことが書かれているので、携帯サイトでのビジネスを考えている人はとりあえず基本を押さえるという意味で読んでおくのがいいでしょう。)
posted by けい at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

売上がグングンあがるメルマガ・Eメール虎の巻

http://item.rakuten.co.jp/book/1669407/

著者:羽田寛 /小出匡範
出版社:秀和システム
サイズ:単行本/191p
発行年月:2004年05月

【目次】
第1章 間違ったメルマガ戦略は「百害あって一利なし」/第2章 データが物語る「顧客を動かす」必勝法/第3章 メールアドレス獲得「虎の巻」/第4章 心をつかんで放さない「メールマガジン成功の秘訣」/第5章 真心営業を可能にするセグメンテーションの極意/第6章 携帯メールを用いてタイムリーに集客/第7章 「ネットビジネスよもやま話」


---------------------------------------------------


メルマガ、Eメールを用いたプロモーションについての本。
裏技的なものや即効果が出るような内容ではなく、一般的なことを全般に押さえている。
仕事として、オンラインビジネスにこれから携わろうという人にはお薦め。
すでに実務をこなしている人には当たり前のことばかりだが、あたらめて基本を押さえておこうという人も読んでみても良いかも。


K'sランク:5点
(基本の「き」です。でも基本こそが全てであったりもします。)
posted by けい at 12:32| Comment(0) | TrackBack(1) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

<売上10倍!>小さな会社の最強メルマガ営業術



-----------------------------------------------
目次

1 次々にお客様が増える「メルマガ営業」のすごさ
2 人気メルマガが実践する、ちょっとしたコツ
3 売上につながるベストな配信方法はこれだ!
4 「メルマガ+ホームページ」で商品が面白いように売れる!
5 お客様をとらえて離さないマル秘顧客フォロー術
6 これからは顧客名簿「メルアドリスト」が勝敗を決める!
7 ライバルにあっという間に差をつける販促戦略
8 勝ち組メルマガのブランド戦略に学ぼう!
最終 どうしてもうまくいかない時の打開策

-----------------------------------------------

この本は2004年の10月に出た本なんだけど、その当時に比べてだいぶメルマガのビジネスにおける存在感は薄くなってしまいましたね。(たった1年半前のことなのに。)

とはいえ、“メール”は今の形のネットが存在している限り永遠になくなる事はないものだと思うから、ネットに関連している人は必ず押さえておくべきことも多い分野。

この本がお薦めな点は、題名は“メルマガ”となっているけど、メールまわりのWebビジネス全般、営業術について述べていること。

K'sランク:6点
(ネットに関連している人はとりあえず読んでおいて損はない。常識的なこととか一般的なこととかも多いけどそれも大事なことだからちゃんと押さえておかないとね。)
posted by けい at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

即実践!ブログ徹底カスタマイズ術 Movable Typeで自分好みに!―Movable Type3.1/3.0日本語版対応



内容は初級、中級者向け。
残念ながらすでに私はここに書いてある内容はほぼマスターしているので今さらこの本はあまり役に立たなかったんだけど、これからMTのカスタマイズやら使い方やらを勉強したいと言う人にはいい本だと思う。

私にも役に立ったことといえば、MT自体のカスタマイズ法が載っていたこと。テンプレートの修正の際に入力スペースのエリアが小さくてやりづらかったけどこれで広げられた。あと、エントリーの入力箇所にタグ挿入ボタンを追加する方法など。


K'sランク:5点
(これからMTを勉強しようという人はどうぞ。)
posted by けい at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

ヤフー!・グーグルSEO対策テクニック



超オススメ!
今まで読んだSEO対策の本で一番の内容。この価格でこの内容は言うことない。
他の本を読んだり業者に頼むのは、まずはこの本を読んで実際にやってからにすべし。


K'sランク:8点
(SEOに興味がある人はとりあえず読むべし!)
posted by けい at 12:37| Comment(0) | TrackBack(1) | Web・携帯・ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする