2017年08月13日

影響力の心理~The Power Games~



* * * * * * * * * * * * * * *

実践的なビジネスて使えるテクニックが満載
ちょっとした言葉遣いで変わる「影響力」

K's ランク:7
posted by けい at 23:16| Comment(0) | 心・精神・心理学・哲学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

ジョコビッチの生まれ変わる食事



* * * * * * * * * * * * * * *

K's ランク:7
(体が資本。その体を作るもっとも基本は食事。食事を変えれば体が変わり、体が変われば人生が変わる)

2016年01月01日

ハーバードの人生を変える授業



内容(「BOOK」データベースより)
感謝ノートをつくる。変化するために、新しい習慣を取り入れる。最も深いところにある感情や思いと向き合う。するべきことを減らして生活をシンプルにする。目標に到達している様子をイメージし、成功までの道筋をつくる…「幸せ」研究の第一人者が授ける52のレッスンで人生は劇的に変わる。講義開始から4年で受講生数が100倍に。ハーバードで最大の履修者がつめよせた「伝説の授業」を完全文庫化。

* * * * * * * * * * * * * * * *


K's ランク:5点
(人生経験の少ない20代くらいの若者に。)

2015年09月05日

人の心を一瞬でつかむ方法―人を惹きつけて離さない「強さ」と「温かさ」の心理学



* * * * * * * * * * * * *


■目次

●PART1 人は人を「強さ」と「温かさ」で評価する
●PART2 人はみな、「見た目」と固定観念に縛られる
●PART3 「強さ」と「温かさ」をアピールする効果的な方法
●PART4 「この人と一緒にいたい」と思わせる聞き方、話し方

K's ランク:5点
(読み物としては面白いけど、ちょっと内容が浅いかな。もう少し具体的な方法やポイントがあったら良かったのだけれど)

2015年03月28日

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法



内容(「BOOK」データベースより)
月間100万PVを誇るブログ「Chikirinの日記」の筆者による「毎日を楽しく生きるための極意」。

* * * * * * * * * * * * * * *


K's ランク:3点
(浅い、つまらん。お金を出して読むほどの本でなし)

2015年03月26日

7つの心のブレーキを外せばうまくいく「すぐやる」習慣



* * * * * * * * * * * *

K's ランク:4点
(まあ軽く読めるのでちょっと目を通すつもりくらいで、何か自分に拾えるところがあれば程度で。)

2015年03月22日

ハーバード実践講座 内面から勝つ交渉術



内容紹介
準備万端で臨んだ交渉の場で、シナリオ通りに話すことができずに失敗したことはないだろうか? ビジネスシーンに限らず、「どうしてあんなことを言ってしまったのか?」「なぜあのとき反論できなかったのか?」と、自分の言動を悔やんだことはないだろうか? 誰でもこうした失敗をした経験があるだろう。その原因は何だろうか?――そう、原因はあなた自身にあったのだ。

人間の内面をビッグ4(夢想家・思考家・恋人・闘士)とトランスフォーマー(見張り・船長・旅人)に分類し、その特徴と役割を熟知することで自分の行動や発言を変えることが可能になる。
内面から変わることで、私たちが陥りがちな「パフォーマンス・ギャップ」を埋めて、交渉ごとでも理想の結果を得ることができるのだ。カギは自分との交渉術にあった!

交渉学の専門家が提案する、自分との交渉で生き方を向上させる最新メソッド!
ロジャー・フィッシャー、ウィリアム・ユーリーによる古典的名作『ハーバード流交渉術』を超える、21世紀版交渉術。


* * * * * * * * * * * * * * *


K's ランク:4点
(交渉術というより心理分析の本。ハーバード実践講座なんてつけて、ぜんぜん実践的でなし。)

2014年10月25日

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~



内容(「BOOK」データベースより)
努力できるのも才能?いえ、努力なんて、誰でもできます。コロンビア大学心理学博士が、科学の最新の知見をもとに、あなたの常識を次々とひっくり返す!話題の全米ベストセラー、日本上陸。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


K's ランク:6点
(以前軽く読んだものを、また軽く再読。)

2014年08月24日

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え



内容(「BOOK」データベースより)
本書は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめた一冊です。欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、きわめてシンプルかつ具体的な“答え”を提示します。この世界のひとつの真理とも言うべき、アドラーの思想を知って、あなたのこれからの人生はどう変わるのか?もしくは、なにも変わらないのか…。さあ、青年と共に「扉」の先へと進みましょう―。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


原因論ではなく目的論。過去や未来に振り回されない。
普通でいることの勇気。


K's ランク:6点
(私の考えに近いのですっと違和感なく入ってきた。逆に他者との比較に悩む人などが読んだ方が吉。)

2014年07月25日

人生を変える行動科学セルフマネジメント~自分を変化させるたったひとつの方法



内容(「BOOK」データベースより)
1日3時間「変わりたい」と思っても、あなたは何も変わりません。でも、1日に5分ずつ行動起こせば、人生は確実に変わっていきます。人生は「今日の行動」の集積。科学的アプローチで、「意志」ではなく「行動」に変化を起こさせる。それが「行動科学セルフマネジメント」です

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *


K's ランク:6点
(頭に溜めない、ちょっとしたことからでも行動することで道は開ける。)

2013年11月24日

成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法



内容紹介
平均的人間が傑出した勝者に生まれ変わる10の方法が明らかに!

「勝者」とは、裕福で恵まれた生活を送る人ではない。
真の“勝利"とは、ただ自分の持っている能力を、自分なりにとことん追及することを示す。

誰もが生まれつき備えている潜在能力を生かし伸ばすこと。
そのために、特別な才能など必要なく、大切なのは、今日からできる「心構え」の実践だ。

第1章「積極的な自己認識」から第10章「印象的な自己表現」まで、
勝者となるためには絶対に欠かせない10の方法が明らかにされる!


* * * * * * * * * * * * * * * * * *


K's ランク:4点
(さらっと読んだ程度。まあちょっと自分を振り返ってみる)

2013年11月16日

王様マインドと奴隷マインド



内容紹介
人はもともと王様となるべく、王様の子として生まれました。だから、王様として生きることで人生が繁栄します。
王様として生きるためには、王様の心構えである「王様マインド」をもつことです。
そうすれば、富、権威、人脈、愛情、知恵……あなたに必要なものすべてが手に入るのです。
もしあなたが、お金がない、仕事も恋愛も人間関係もうまくいっていないとしたら、それは「奴隷マインド」になってしまっているからです。
本書を読んで、王様マインドを取り戻してください。富と繁栄があなたを待っています。


* * * * * * * * * * * * * *



K's ランク:4点
(Amazonの書評は高いけどぜんぜん。)

2013年10月05日

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法



内容(「BOOK」データベースより)
お金の呪縛から自由になりたいすべての人へ!巧妙にしくまれた、お金の幻想から脱出する法。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *


ビジネス書の分類になってるけど、悟りの本。
この世のすべては自分が生み出した、夢であり幻想であるという世界観を現代風に述べただけの本。
古くからある考え方。確かに気は楽になるよね。そして前向きになれば道は開けるかもね。
でも現実には何も解決しない。


K's ランク:3点
(もちろんすべては考え方次第。でもそれでマネーゲームから逃れられるかというとそれとはまったく関係ない。飢餓や戦争や暴力、この狂った世界はすべて自分が作った世界だって?戯言。)

2013年08月18日

FBI式 人の心を操る技術



内容紹介
会話相手の内心を読み取り、自分の思う方向へ誘導するFBI式ボディランゲージ読解法。 全米の司法関係者が採用する技術で、あなたも上司や恋人を思いどおりに操れる。 様々な犯罪者に接してきた経験から、しぐさと表情で心を読む方法を編み出した著者が、わかりやすく誰にでもできる「心の読み方」と「操り方」を教える。相手の普段の状態をプロファイリングしておくことで、その変動から心境の変化を読み取り、効果的な質問で本音を吐き出させたり、自分の思う行動へと誘導する手法。連続殺人犯ジェフリー・ダーマーを白状させた技術が誰にも使えるようになる、7つのステップ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


K's ランク:5点
(さっと目を通しただけだけど、知っていたら参考になる面白いものも多かった。)

2013年06月08日

スタンフォードの自分を変える教室



内容紹介
■世界15ヶ国刊行!
受講者の97%に影響を与えた「奇跡の授業」

心理学、神経科学から経済学まで最新の科学的成果を盛り込み、
斬新な講義を展開、スタンフォード大学で最も優秀な教員に贈られる
ウォルター・J・ゴア賞をはじめ数々の賞を受賞。

『ニューヨークタイムズ』『タイム』『USAトゥデイ』
『ボストングローブ』『USニューズ&ワールドレポート』他、
全米主要メディアで軒並み取り上げられ、
無数の賞賛を受けた世界的ベストセラー、
ついに日本解禁!

■「一度きりの人生が最高の人生に変わる講義」

・脳は1つでも自分は2人いる
・呼吸を遅らせれば自制心を発揮できる
・食べ物で『意志力の保有量』が変わる
・体にリラクゼーション反応を起こす
・自制心は筋肉のように鍛えられる
・「望む力」をつくりだす
・やる力とドーパミンを結びつける
・手軽な快楽の経済学
・「割引率」が10年後の成功を決める
・「他人の欲求」が自分に感染する
・「あなた2・0」に会う

これまで抽象的な概念として見られていた
「意志」の力についての考え方を根本的に変え、
実際の「行動」に大きな影響を与えてくれる本書、
目標を持つすべての人に読んでもらいたい一冊である。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *


K's ランク:6点
(無意識に行動せずに、ちゃんと、何故それを選択したのか、意識してコントロールするということ。)

2013年03月30日

ゾーンに入る技術



内容(「BOOK」データベースより)
ゾーンとは超集中状態。メンタルトレーニングを専門にするドクターが教える、能力を最大限に引き出す「集中」の技術。脳の「認知」機能と、心を「揺るがず」「とらわれず」のフローという状態に導く「ライフスキル」機能のバランスを整えれば、ゾーンがやってくる!だから、「仕事」「勉強」「スポーツ」「ダイエット」で結果が出る。

******************


認知=意味づけ にとらわれない。
意味づけは自分で決めているだけ。だからどうにでもなるし気にするものではない。
それを認識してコントロールできれば、今に集中できる。

K's ランク:6点
(具体的な方法が書かれているわけではないけど、ヒントがつかめる。もう少しまとまっているとよいのだけど。)

お金持ちになりたいなら性格を変えなさい―あなたの心理を劇的に変える30の質問



内容紹介
「お金を稼ぐことは汚いこと」「お金に執着するのはよくないこと」といった考え方は、多くの場合、お金持ちになるためには邪魔になるものです。30の質問を通して、お金持ちになれる性格と考え方を解説すると同時に、多くの人がお金持ちになれない原因となっているメンタルブロックを壊します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


知人に紹介されて読んで見た本。
お金は手段ではなく目的、すべてを犠牲にしても追及すべしと。
はじめは反面教師として書いているのかと思ったけど、最後までこの調子。

カウンセラーだからすべてはバランスが大事ということを知っているうえで、確信犯的に売るために極端なことを言ってる。

K's ランク:3点
(刺激的、攻撃的に書いてそれで売れればいいというスタンスなんでしょう。別に読む価値なし)

2013年03月24日

「人たらし」のブラック心理術―初対面で100%好感を持たせる方法



内容(「MARC」データベースより)
「この人の話はいつもおもしろい」「また会いたい」 そう思わせたら、こっちの勝ち。初対面で好感を持たせる方法、人に好かれる心理テクニックを仕事で使うコツ、相手の心を自在に操れるテクニックなどを満載。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


特にすごいものがあるわけではなく基本的なコミュニケーションスキルかと。

K's ランク:5点
(まあ、気軽な読み物程度ということで。)

2013年02月16日

死ぬときに後悔すること25



K's ランク:4点
(あまりにも当然のことを、ただそのまま書いているだけ。読み物としてつまらず。)

2012年10月21日

「また、必ず会おう」と誰もが言った。



出版社からのコメント
この小説は、1人の少年が出会いを通して成長していく旅物語です。不思議なご縁から原稿を手にした瞬間、私は直感的に「運命の出会いだ!」と感じました。それは、物語のディテールが、私自身の抱えているリアルな日常とあまりにもシンクロしていたから。この物語には、特別なヒーローなど登場しませんし、目を覆うような事件も起こりません。主人公と絡んでいく大人たちは、どこにでもいるような人間ばかりです。ところが、あたりまえの大人たちが語りかける言葉の1つひとつが、妙に輝いて見えるから不思議です。そこが、人気作家・喜多川泰さんの持ち味なのでしょう。とにかく、まずは大人たちに読んでいただきたい。そして、身近にいる中学生や高校生の子供たちに手渡してほしい。この本に関わった1人として、切に願っています。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


K's ランク:7点
(生きる力が湧いてくる本。出版社からのコメントにあるように、まずは大人たちに読んでいただきたい。そして、身近にいる中学生や高校生の子供たちに手渡してほしい。)